歯の神経を守る治療/歯髄温存療法(MTA)なら松年歯科|名古屋市中川区の歯医者

052-661-0504

診療時間:9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:30
休診日:水・日・祝 / 土は18:00まで

  • ブログ
  • 症例集
  • web予約
  • 駐車場12台完備
  • あおなみ線「中島」駅 徒歩5分
  • 〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通4-18

松年歯科


歯科医師リクルート

歯科衛生士・管理栄養士・助手受付リクルート

可能な限り
歯の神経」を
残します/守ります

歯の神経を残すことで、
歯の寿命を延ばす。

~次のような方は一度ご相談ください~

  • 神経の知覚はあるが歯の神経を取らなければならないと言われた
  • 今までに虫歯の痛みはないが、歯に穴が開いている
  • 神経を取らずに歯を長持ちさせたい

「歯の神経を残す」という選択肢

歯の神経を除去すると、歯はどのような状態になると思いますか?

神経

神経は歯に栄養を供給する役割を担っているため、神経を除去すると栄養供給ができなくなり、歯は「枯れ木」のようにもろくなります。

つまり、強い衝撃やかみしめがあると、歯が折れたり割れたりし、最終的には抜歯になる可能性が高まります。

それを防ぐためにも、安易な歯の神経の除去は避けたいところです。しかし、日本の歯科医療では、歯の神経を除去する選択が安易に行われている現状があります。

通常「歯の神経を抜きますね」と言われるケースであっても、当院では、まずは残す方向で考えます。

次のケースをご覧ください。
通常は「神経を除去される」ケースですが、当院では残せたケースです

■CASE1

  • 治療前
  • 治療後

虫歯がかなり進行していたケースです。感染した神経は除去し、未感染の神経は残す「断髄法」を採用。MTAで封鎖し、ダイレクトボンディングをかぶせたケース。

■CASE2

  • 治療前
  • 治療後

虫歯治療中、神経が露髄したケース。MTAセメントで封鎖し、後日セラミックインレーをセットしたケース。

■CASE3

  • 治療前
  • 治療後

虫歯がかなり進行していたケースです。感染した神経は除去し、未感染の神経は残す「断髄法」を採用。MTAで封鎖し、ダイレクトボンディングをかぶせたケース。

なぜ当院では多くのケースで「歯の神経を残す」ことができるのか?

治療

なぜ他院では神経を除去する(抜髄)の選択をするのに、ここでは神経を残せる可能性があるの?」このように思われるかもしれません。

これには理由があります。

ドクター

それは、利用する「材料」や「機材」そして「術式」が異なるためです。具体的には下記になります。

  • MTAセメント
  • 断髄法
  • マイクロスコープ

それぞれご紹介します。

「MTAセメント」とは?

MTA

MTAセメントは患部をしっかり封鎖する材料です。
これには、強いアルカリ性の殺菌効果や、虫歯菌を寄せ付けない抗菌作用もあります。また、破壊された組織の再生を促す効果もあるといわれています。

「断髄法」とは?

断髄法

従来は、歯の神経が虫歯菌に感染した場合、すべての神経を除去していました。しかし、最近の研究では、すべてを除去する必要はなく、感染した部分のみ除去(断髄法)することでよいことが分かっています。これを行うことで、可能な限り歯の神経を残すことができるようになりました。

「マイクロスコープ」とは?

マイクロスコープ

マイクロスコープは歯科用顕微鏡ともいわれる機器です。肉眼より20倍も視野を拡大することができるため、治療の精度が向上します。つまり、これを利用することで成功率が高まるということです。

治療の流れ

治療

STEP1検査・診断・治療方針の決定

診断

レントゲン撮影などの検査を行って、虫歯の状態を正確に診断します。

STEP2治療

セメント

虫歯感染部位を削りとり、患部にMTAセメントを塗布します。

STEP3予後チェック

予後チェック

一定期間経過したのち、痛みや染みなどの不快感がないこと、セメントが十分に硬化していることを確認します。
問題がなければ、必要に応じて詰め物や被せ物を行って、治療終了です。

「歯の神経を守る治療」を検討されている方へ

院長

冒頭でもお伝えしましたが、歯の神経を抜いてしまうと、歯の寿命は短くなります。もちろん、神経が死んでる場合は無理ですが、そうではない場合は、極力残す方向で考えることが大切です。

しかし、このように考えている歯科医院はそれほど多くはありません

除去した神経はもう元には戻りませんので。