前歯を白いレジンで綺麗に/ダイレクトボンディング法|松年歯科クリニック|名古屋市中川区の歯医者

歯でお悩みの方はご連絡ください

052-661-0504

受付時間:9:30 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:30
休診日:水・日・祝 土曜日は18:00まで
※祝日のある週は、水曜診療

  • メール相談
  • web予約
  • 駐車場12台完備
  • あおなみ線「中島」駅 徒歩5分
  • 〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通4-18

メイン画像

前歯が欠けてしまった
前歯の隙間が気になる
以前治療した詰め物が変色してしまった

このようなお悩みを
低価格(1歯4万)
1回の来院」で治療します。
※すきっぱの場合や、
治す範囲が大きい場合は、
1歯5万円

適応症例が限られる治療法ですので、
すべてのお悩みには対応できませんが、
まずはご相談ください。

  • 症例1
  • 症例2
  • 症例3
  • 症例4
  • 症例5
  • 症例6

「歯の美しさ」を追求する治療を、「より手軽に」できるようになりました!

院長

「前歯が欠けてしまった」
「前歯の間にすき間がある」
「前歯の治療した詰め物がまた虫歯になっている」
「前歯の以前治療した詰め物が変色している」

など、口元に悩みをお持ちの方は意外と多く見受けられます。
ところが、一般的な前歯の治療の詰め物といえば、保険診療内で使われる白い詰め物が一般的で、この治療だと数年で変色してきたり、再び虫歯になってしまうことが多くありました。

多くの方が、何とかもう少し質が高く、かつ手軽な治療ができないものかと思いながらも納得のいく治療が見当たらないまま妥協されているのが現状です。

本当にこれらの治療法しかないのでしょうか?

院長2

歯科治療に使われる材料は、日々進化を続けており、最近では「コンポジットレジン」という高性能の合成樹脂(プラスチック)を用い、直接お口の中で歯の形を作って修復していく「ダイレクトボンディング」という治療方法が確立されています。

コンポジットレジンという素材は従来からありました。従来のものは劣化するのが2~3年と早く、変色や経年変化によってすき間から虫歯菌が侵入し、再び虫歯になってしまうなどの問題点も多く、保険治療の安価な材料という認識でした。

しかし、それが近年の各歯科材料メーカーの研究によりクオリティがアップし、強度にも問題なく、審美的な面でもより自然な仕上がりができるようになりました。美しい仕上がりは、詰め物をしていることが分からないほどです。

ただ治療適応範囲に限界があり、大きな銀歯や、全部をかぶせるクラウンなどの代わりにはできません。

※ダイレクトボンディングの適応症例※

ダイレクトボンディングの適応は、前歯と、奥歯の周りが歯で囲まれている咬合面のカリエスまで。臼歯は隣接にかかったら、インレー(詰め物)となります。

私達松年歯科クリニックでは、皆様にもっとご自身の笑顔に自信を持っていただくために、この「前歯にコンポジットレジンを使った自費治療:ダイレクトボンディングシステム」を、当院の審美歯科治療の柱のひとつとして力を入れています。

「前歯」にコンポジットレジンを使った治療のメリット

コンポジットレジンを利用した治療には「見た目の美しさ」以外にも「手軽さ」「身体への優しさ」に多くのメリットがあります。それぞれご紹介します。

見た目の美しさ

材料

歯の美しさは、1色の白色からなっているわけではありません。
人間の歯は一人ひとり色が異なり、また、歯の部位によっても色は違います。そして歯の先端部分には透明感があります。これらを忠実に表現して初めて「綺麗な歯」が出来上がります。ダイレクトボンディング法では、多数の色の中から、周りの色に自然になじむ色を選んで重ねていくので、周りの歯に調和した色合いの表現ができます。

下の症例は保険のコンポジットレジン治療を、自費のコンポジットレジンでやり替えた症例になります。保険治療の場合は、治療部位の色が目立っていますが、自費の場合はどの部分を治療したか言われなければわからないクオリティに仕上がっていると思います。

  • 症例7
  • 症例8
  • 症例a

気になる部分を手軽に治療

例えば、前歯の隙間(すきっぱ)を改善する場合、セラミックの被せ物をかぶせる治療や、部分的な矯正治療が一般的でした。この治療法ですと、治療費や治療期間がどうしてもかかります。しかし、コンポジットレジンを利用したボンディングシステムなら、1回の来院で治療が終了します。

  • 症例9
  • 症例10
  • 症例11
  • 症例12

身体に優しい治療/再治療の可能性を
大幅に少なくする治療

アレルギー

従来の歯科治療では、銀歯に代表されるように、金属を利用することが一般的でした。しかし、金属を利用すると「金属アレルギー」が発症する危険性があります。
しかし、ダイレクトボンディング法で利用するコンポジットレジンは、金属を一切利用していませんので、金属アレルギーの心配はありません

また、歯を削って被せ物をすると、どうしても本来の歯と人工物の間に隙間が生じ、そこから虫歯菌等が入り込み、再治療になってしまう可能性が高まります。
しかし、ダイレクトボンディング法では、この隙間を生じさせず治療ができるので、再治療の可能性を大幅に少なくすることができます。この点も、身体に優しい治療であることが分かると思います。

24時間WEB予約/メール相談

  • メール相談
  • web予約

電話での問い合わせ

電話

医院の住所

〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通4-18

受付時間
9:30 ~ 13:00---
14:30 ~ 18:30---
  • 休診日:水・日・祝
  • 土曜日は18:00まで