医院ブログ|松年歯科クリニック|名古屋市中川区の歯医者。中島駅3分

052-661-0504

受付時間:9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:00
休診日:水・日・祝 / 木・土は17:30まで

  • ブログ
  • 症例集
  • メール相談
  • web予約
  • 駐車場12台完備
  • あおなみ線「中島」駅 徒歩5分
  • 〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通4-18

松年歯科


歯科医師リクルート

歯科衛生士・管理栄養士・助手受付リクルート

キービジュアル

キービジュアル

1.2.3月の活動


東京でインプラントの勉強会に参加してきました。


根管治療のWEBセミナーに参加しました。


ジアズ大阪の勉強会にWEBで参加しました。


OJのミーティングにWEBで参加しました。


東京でインプラントの勉強会に参加してきました。


福西先生の根管治療のセミナーにWEBで参加しました。


根管治療のセミナーにWEBで参加しました。


ジアズ東京の勉強会にWEBで参加してきました。


京都の瀧野歯科医院に見学に行ってきました。


再生療法の勉強会にWEBで参加しました。


東京でインプラントの勉強会に参加してきました。

10.11.12月の活動


根管治療のセミナーにZOOMで参加しました。

 


ジアズ東京の勉強会にZOOMで参加しました。

 


根管治療のセミナーにZOOMで参加しました。

 


福岡で開催された再生療法のセミナーに参加してきました。

 


東京で開催されたインプラントの勉強会に参加してきました。

 


ジアズ東京の勉強会にZOOMで参加しました。

 


ジアズ大阪の勉強会にZOOMで参加しました。

 


根管治療のセミナーにZOOMで参加しました。

 


東京で開催されたインプラントの勉強会に参加してきました。

 


大阪で開催されたジアズの総会に参加してきました。

7.8.9月の院長の活動


名古屋でペリオの勉強会を受講してきました。

 

 
イタリアのコルテリーニ先生の再生療法のセミナーを、ZOOMで7月、9月の2回受講しました。

 


日本臨床歯周病学会の年次大会をZOOMで受講しました。

 


東大阪のSJCD最高顧問の本多先生のセミナーを受講してきました。

 


日本臨床歯周病学会の関東支部の支部会をZOOMで受講してきました。

 


咬み合わせの勉強会を名古屋で受講してきました。

 


根管治療の勉強会をZOOMで受講しました。

 


再生療法で使用する科研製薬のリグロスのセミナーをZOOMで受講ました。

 


根管治療のセミナーをZOOMで受講しました。

 


ジアズ東京の月例会をZOOMで受講しました。

 


毎月、京都のジアズ理事長・瀧野先生の医院に見学に行ってます。

5.6月の院長の活動


臨床歯周病学会で谷口先生と山岸さんのZOOMセミナーに参加して来ました。
昔、長野の谷口歯科医院で1年間歯周病セミナーのセミナーを受講したことを思い出しました。

 


顎咬合学会のZOOMセミナーに参加して来ました。

 


歯科麻酔医の名誉教授のセミナーをZOOMで受講してきました。

 


歯周病再生療法の世界的権威、イタリアのコルテリーニ先生のZOOMセミナーを受講して来ました。

 


OJ(OSSEOINTEGRATION STUDYCLUB OF JAPAN)の年次ミーティングにZOOMで参加して来ました。

 


私が所属するスタディーグループ、ジアズ大阪で発表して来ました。
年甲斐もなく著名な先生が大勢いるので久しぶりに緊張しました。

 


今月もジアズ理事長の瀧野先生の医院へ見学に行ってきました。
毎回大変勉強になります。

 

2.3.4月の院長の活動

京都の瀧野先生の医院に見学に行ってきました。

毎月1回、10年間通いました。

それでも日本トップのインプラントジストジストからは学ぶことが沢山あります。

 

SJCD最高顧問の本多先生の勉強会が今回で終わりました。
僕の臨床が大きく変わった、とても有意義な勉強会でした。

 

鳥取の今井先生の咬合(咬み合わせ)の勉強会をZOOMで受講しました。

 

ダイレクトボンディングのセミナーに参加して来ました。

 

ジアズのエッセンシャルコースをZOOMで受講しました。

 

静岡県インプラント研究会開催のセミナーをZOOMで受講しました。

 

エンド(根の治療)のセミナーをZOOMで受講しました。

 

ジアズの勉強会には月2回参加しています。

 

OJ(インプラントの勉強会)開催の講演会をZOOMで受講しました。

 


本多先生の勉強会に参加して来ました。

 

エンド(根の治療)の澤田先生のセミナーをZOOMで受講しました。

 

1月の院長の活動


今月から4カ月、SJCDの最高顧問の本田先生の研修が始まりました。
研修の朝に抗原検査が行われ、厳戒態勢の中で開催されましたが、
今年で76歳になられる本田先生の講義は、とても勉強になり、
改めて一本一本の歯の形を熟考させられる、貴重な時間になりました。

 


ジアズの毎月の勉強会をZOOMで受講しました。

 


ジアズの半年の研修コースをZOOMで受講しました。

 

11.12月の院長の活動


今年も福岡でスーパーペリオに参加してきました。
歯周再生療法は奥が深く、日々勉強です。

 


ジアズ総会にZOOMで参加しました。
歯周病とインプラントについて、1日みっちり学ぶことができました。

 


ジアズ理事長・瀧野先生の医院見学に2週連続で行ってきました。
いつ行っても最新の治療を行っているので、とても勉強になります。

 

8.9.10月の院長の活動


愛知インプラントセンターのサイナスリフトのセミナーをZOOMで受講しました。

 


矯正用のインプラントのセミナーをZOOMで受講しました。

 


ダイレクトボンディング(自費レジン)治療のセミナーを受講して来ました。

 


久しぶりに、ジアズの理事長の瀧野先生の医院に勉強に行ってきました。

 

新型コロナウイルス対策について

当院での新型コロナウイルスへの感染対策を紹介します。

 

1、水道水の塩素濃度を調節して殺菌力のある水をつくり、除菌と感染の防止を目的とするポセイドンシステム(人には無害ですが菌が生きられない環境をつくる装置)を設置しております。

※ポセイドンシステムとは、水道水の残留塩素濃度を補正し、残留塩素上昇により微生物の繁殖を抑制する除菌装置です。

添加物を一切加えることなく残留塩素濃度が補正され、次亜塩素酸と次亜塩素イオンを含んだ電解中性機能水を作り出すことができます。

電解中性機能水は、中性のため人体に対して無害でありながら殺菌力も持つ優れた水であり、試験機関により飲用にも適していると証明されています。

 

   

 

2、空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を8台設置

※ジアイーノとは次亜塩素酸を空気中に送り出す空間除菌脱臭機です。

次亜塩素酸はウイルス抑制に大きな効力をもたらし、お部屋に付着したウイルスを抑制する働きがあります。


 
3、グローブ、エプロン、紙コップ等使い捨て可能なものは全て交換しております。

 

4、タービン、エンジンなど治療に関する器具は毎回滅菌しております。

毎回滅菌を徹底することで患者様により安心していただける治療を心がけております。

 

5、アルコール消毒液(エタノール)を常備しており、手指消毒の徹底をしております。

手指消毒はウイルス抑制をする上で基本的なことではございますが、患者様にもご協力いただくことで感染予防に努めております。

 

6、清潔域、不潔域の徹底管理をして、菌の繁殖を防いでおります。

 

7、グローブを装着した状態でカルテやドアノブを触らないように徹底しております。

 

8、金属部分のアルコール消毒や人の行き交う場所の清拭をしております。

 

9、1時間に1回換気を行っております。

 

10、流水式洗浄除菌水生成装置(BK水)を用いて患者様の使用するチェアやその水回り、受付のカウンター、レントゲン撮影装置の清拭を行っております。

※流水式洗浄除菌水生成装置とは、BBK原液を電子分解する際に発生する発生期の酵素「スーパーオキシドイオン」と「次亜ハロゲン酸」の働きで高い除菌効果を発揮するBK水を生成する装置です。

 

11、完全防御体制を整えています。

 

ウイルス感染に対する歯科の重要性

ウイルス感染に対する歯科の重要性
日本歯科医学会連合 新型コロナウイルス感染症対策チーム(一社)

1 口腔健康管理(口腔清掃)はウイルス感染への水際対策です
感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすることです。清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。しかし、手や体、髪を洗うことは心がけていても、お口の中を清潔にすることを忘れていませんか?
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります1)。インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します2)。ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素をもっています。歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも大事です。

2 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めます
ウイルス感染への有効な対策は、体の免疫力を低下させないことです。腸内細菌のバランスは全身の免疫に密接にかかわっています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています3)。お口の細菌が食道・胃を通って腸内にたどり着き、腸内細菌のバランスを乱して全身疾患発症の原因となることが判ってきました4)。お口が不潔な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。

3 お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります
中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯ぐきに住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします5)。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。

4 注意してください!コロナウイルスは口からもやってきます
現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文は、ウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています1, 6)。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくることでしょう。
手洗い・うがいに加えて、お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くこともウイルス感染予防に効果があります。

文献 
1)Peng X, Xu X, Li Y, Cheng L, Zhou X, Ren B.:Transmission routes of 2019-nCoV and controls in dental practice. Int J Oral Sci.12(1):9, 2020.
2)松山州徳:プロテアーゼ依存的なコロナウイルス細胞侵入.ウイルス.61巻1号,pp.109-116,2011.
3)安藤朗編:腸内細菌と臨床医学.別冊・医学のあゆみ.医歯薬出版, 2018.
4)Olsen I, Yamazaki K.:Can oral bacteria affect the microbiome of the gut? J Oral Microbiol. 11(1):18, 2019
5)Beck JD, Slade G, Offenbacher S.: Oral disease, cardiovascular disease and systemic inflammation.Periodontol 2000.23:110-20, 2000.
6)Yan Y et al.: Consensus of Chinese experts on protection of skin and mucous membrane barrier for healthcare workers fighting against coronavirus disease 2019. Dermatol Ther.13:e13310, 2020.
参考動画:日歯8020テレビ 「インフルエンザ予防と歯周病菌」https://www.jda.or.jp/tv/96.html