治療症例集|松年歯科クリニック|名古屋市中川区の歯医者。中島駅3分

052-661-0504

受付時間:9:30 ~ 13:00 / 14:30 ~ 18:00
休診日:水・日・祝 土曜日は17:30まで
※祝日のある週は、水曜診療

  • ブログ
  • 症例集
  • web予約
  • 駐車場12台完備
  • あおなみ線「中島」駅 徒歩5分
  • 〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通4-18

松年歯科


歯科医師リクルート

歯科衛生士・管理栄養士・助手受付リクルート

キービジュアル

キービジュアル

矯正治療とセラミック治療で、お口全体をきれいにした症例

この患者様は、上の前歯の歯並びの改善と、銀歯を白くすることを希望されて、当医院に来院されました。
患者様とのカウンセリングの結果、矯正治療では歯を抜かずに上顎だけ歯並びを改善することにしました。
また、銀歯の治療は、矯正の針金のかからない歯は事前に治療し、針金のかかる歯はひとまず仮歯にしておき、矯正治療が終わった後に被せていくことになりました。

今回の矯正治療では、歯を抜くことなく治療を進めることができたので、通常の半分の治療期間で終わることが出来ました。
その後は、針金のかかっていた歯の虫歯治療を終え、全ての歯の審美治療が終わったので、定期検診に移りました。

現在は、定期検診に通っていただき、衛生士によるプロフェッショナルクリーニングを3ヶ月に1度受けて頂いています。
先日、患者様から「笑顔に自信が持てるようになった」とお褒めの言葉を頂きました。
矯正治療は、針金が入るため見た目を気にされる患者様もいられますが、今では白い針金や、透明なマウスピースを使った治療方法もあり、場合によっては歯を抜かずに治療できることもあります。
ですので、矯正治療の良さをもっと知っていただくためにも、これからもこのブログに矯正治療を併用した審美治療を報告していこうと思っています。

 

審美治療の一部の被せ物の費用は、ハイブリットインレー:税別3万8千円、セラミックインレー:税別6万5千円、メタルボンドクラウン:税別8万円になります。
土台や、仮歯が必要なケースなどでは、追加の費用がかかりますので、詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

全体的に虫歯になってしまった歯をきれいにした症例

この患者様は、以前行った矯正治療の影響で、ほぼ全ての歯が虫歯になってしまいました。
今回は、装置が全て取れたこともあり、思い切って全体的に治そうと思って当医院に来院されました。
患者様との相談の結果、上下の前歯は被せることなく、白い詰め物(ダイレクトボンディング)で治療し、奥歯は必要に応じてセラミックの詰め物や被せ物で治療していくことにしました。

患者様は、治療が進むにつれて、日に日に歯がきれいになり、口元の印象が大きく変わっていきました。
それと同時に、表情がどんどん明るくなっていくのがわかりました。

そして、治療が終わった日に、最高の笑顔で帰って行かれたことが、いまでもとても印象に残っています。
今回の症例で、矯正治療中の患者様へのブラッシング指導や、クリーニングの重要性と、それを行う歯科衛生士さんのレベルアップを痛感させられました。当医院では複数の衛生士さんが活躍していますので、絶対にこのようなことがないように、明日からも衛生士さんとともにセミナーや学会に参加して、全てにおいて向上していこうと思いました。

 

審美治療の一部の被せ物の費用は、ハイブリットインレー:税別3万8千円、セラミックインレー:税別6万5千円、メタルボンドクラウン:税別8万円になります。
土台や、仮歯が必要なケースなどでは、追加の費用がかかりますので、詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

インプラント治療でお口全体をきれいに治した症例

 

この患者様は、片方の奥歯が上の歯がなく、もう片方は下の歯が咬むと痛いため、食事がうまく取れないことと、全体的に白い歯で綺麗にしていきたいことを主訴に来院されました。

 

まず、左上と右下の奥にインプラントを埋入しました。
そして、インプラントと骨が結合するのを待っている間に、銀歯をセラミックの歯に治していきました。
前歯は、インプラントが入って、奥歯でしっかり咬めるようになってから治していきます。

 

左右の奥歯にインプラントが入ったので、前歯を治しました。
患者様には「食事もとれるし、人前でも歯を出して笑える」と喜んでいただけました。

 

審美治療の一部の被せ物の費用は、ハイブリットインレー:税別3万8千円、セラミックインレー:税別6万5千円、メタルボンドクラウン:税別8万円になります。
土台や、仮歯が必要なケースなどでは、追加の費用がかかりますので、詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上顎に審美義歯を入れた症例

この患者さんは、上の歯が全体的にグラグラしていて、物が上手く咬めないことを主訴に来院されました。

 
患者さんは、インプラント治療か入れ歯治療かで迷われていましたが、インプラント治療にすると最初は数本で済むのですが、他の歯が抜けてきたときに、さらにインプラントが必要になり、経済的負担が大きいのと、自費の精密な入れ歯を一度作ると、その後歯がなくなった時は、作り直すのではなく、修理で対応できるので、入れ歯治療で進めていくことを選ばれました。

 
その後、レントゲン写真を撮って、患者さんと相談の結果、上の前歯の2本は歯周病が進行していて、触ると今にも抜けそうな状態だったので、抜いて入れ歯にすることにしました。また、右の奥歯もブリッジになっているところがグラついていたので、ブリッジの真ん中の歯をカットして、そこに入れ歯を入れることにしました。

 
入れ歯の形は、極力小さく、違和感のないようにという患者さんの希望でしたので、最も薄いチタンで作り、強度が保てる中で最も小さく作りました。

 
完成後、患者さんは「全く問題なく使えていて、とても調子が良い」と喜ばれていました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上下に精密金属義歯を入れた症例

この患者さんは、残っている下の歯がついにグラグラになり、食事が取れなくなったためについに来院されました。
残っている歯が重度の歯槽膿漏のため、使うことができないので、患者さんとの相談の結果、上下ともに総入れ歯にすることにしました。
今まで入れ歯をいれたことがなかったので、まずは仮の入れ歯を入れて、気になる所を調整したり、大きいと感じるところを削ったりと試行錯誤を繰り返し、はめられる様になるまで調整を繰り返しました。

この段階では、仮の入れ歯の下にクッションを引いて、患者さんのお口の中の形にピッタリ合った入れ歯を作り、最終的な入れ歯の形に近づけていきます。

入れ歯が落ち着いたところで、前歯の形を患者さんの顔貌に合わせて行くことと、奥歯のかみ合わせを整えるために、もう一回仮の入れ歯を作りました。

仮の入れ歯は、奥歯のかみ合わせを整えるために、引っ掛かりのない平らな歯にしてあります。
そうすることによって、筋肉がほぐされて患者さんが本来咬みたい位置で咬めるようになるため、良く咬めるようになったり、入れ歯が外れにくくなります。

そして、ついに上下の顎に精密金属義歯が入りました。

入れ歯を入れて若々しくなり、患者さんは笑顔がとても多くなったように思います。

この患者さんの場合は、ソフトデンチャーにしなくても入れ歯のくっつきがよく、大きなお口を開けても外れなかったので、『しっかり咬める』と言っていただき、大変満足していただけました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上顎に審美精密義歯を入れた症例

この患者様は、上顎の前歯の3本がグラグラの状態で当医院に来られました。
この状態では数ヶ月で前歯が抜けてしまいます。
ですので、まずは仮の入れ歯を入れて、入れ歯になれていただきました。
その後、入れ歯を入れられることが確認できたので、前歯を入れ歯の歯に変えました。

※入れ歯さえあれば、何処の歯が抜けてしまっても、すぐに入れ歯に歯を付けたして、見た目やかみ合わせの回復ができるので、まずは仮の入れ歯を作ることが先決になります。グラグラの歯を抜いたり、頭を削ったりすることは、次の段階になります。

完成した審美精密義歯です。
歯のない本数が少ない割に、入れ歯が大きいように感じる患者様もいらっしゃいますが、これは奥歯に支えを持ってこないと、食べ物を咬んだ時に入れ歯が転覆してしまい、全く咬めない入れ歯になってしまうのを防ぐためと、奥歯に今後問題が出てくる可能性があったので、いつでも修理できるようにするためです。
※今後、奥歯に問題が出てきたとしても、金属の入れ歯はどこまでも修理が可能です。

上顎に審美精密義歯が入りました。
患者様からは、食事をとる時の不安がなくなったことをとても感謝されました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上顎に超精密審美チタン義歯、下顎にソフトデンチャーの金属義歯を入れた症例

この患者さんは、全ての歯を今まで何とか残して来たのですが、ついにグラグラがひどくなり食事が取れなくなってしまいました。
そこで、まずはインプラントを考え、色々な歯科医院を周ったのですが、全顎のインプラントですので、金額が高くなりすぎてしい、次の手段として入れ歯も含めた治療を考えて、当医院に来院されました。

当初の治療計画では、上顎を入れ歯、下顎をインプラントでスタートしたのですが、上顎の入れ歯が思った程苦ではなかったのと、下顎にインプラントを入れるにしても、磁石式のインプラントにして費用を抑えたいとの希望が出てきたので、下顎もまずは入れ歯を入れて行くことになりました。

上下顎に総入れ歯をいれました。
思った程の違和感がないことと、後から磁石式のインプラントを入れることができるので、まずは上下総入れ歯で行くことになりました。

そして、上顎に超精密審美チタン義歯、下顎にソフトデンチャーの金属義歯が入りました。

ソフトデンチャ-の金属義歯です。

ソフトデンチャーは痛みもなく、上手くいくと大きなお口を開けても外れません。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上下顎に審美義歯を入れた症例

この患者さんは、今までに一度も入れ歯を入れたことがなく、この状態で過ごされていました。
しかし、食事がうまくできないことや、笑った時に歯がないので、外に出るのが億劫だということで、
今回入れ歯を作ることになりました。

まずは、残っている歯を治療をしました。
その後、仮の入れ歯を入れて、入れ歯に慣れてもらうのですが、
初めて入れ歯を入れると、たいがいの患者さんは上の入れ歯に慣れるのに苦労するので、
毎回裏側を少しずつ削って、患者さんが受け入れられる大きさに調整していきます。

仮の入れ歯の調整が終わり、入歯に慣れてきたので、最終の審美義歯を入れていきました。
患者さんには、『外に出るのが楽しくなった』と、とても喜んでもらえました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上下にバネの目立たない審美入れ歯を入れた症例

この患者様は、入れ歯を入れられずに数本残っていた奥歯で咬んでいたので、ついにその奥歯がグラグラになり抜けてしまったので、歯医者が嫌いで今まで何とか避けてきたのですが、今回は勇気をもって当医院に来られました。
初診の時は右の前歯も抜けてしまいそうな状態でしたので、まずは前歯が残っているうちに、早急に仮の入れ歯を入れました。
そして、仮の入れ歯に慣れたころを見計らって、グラグラの前歯の頭を削って、そこに入れ歯の歯を入れていきました。当日でグラグラの前歯から入れ歯の前歯に変えることができたので、見た目的にも問題なく入れ歯をお使いいただくことができました。

その後、グラグラの歯もなく入れ歯を使うことができるようになってきたので、患者様と改めて治療の方向性の話し合いをしました。
その結果、上の右側のややぐらついている2本の歯は、今後そのままにしておくと抜けてしまいますが、磁石にすれば長く持たせることができると判断したので、磁石にしていきました。

そして、上顎には審美精密義歯、下顎は予算の関係上今回は保険の入れ歯を入れました。
審美精密義歯が入って、見た目が改善され、食事も問題なくとれるようになり、患者さんには大変喜んでいただけました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。

上下にバネの目立たない審美入れ歯を入れた症例

この患者さんは、歯が全体的にグラグラしてきて食事がうまくとれないことを主訴に来院されました。
この状態では、食事だけでなく、見た目にも問題があるので、大急ぎで仮の入れ歯を作りました。
仮の入れ歯を入れてからは、この患者さんが今まで入れ歯を入れたことがなかったので、すぐに残っている歯の治療に取りかからずに、まずは入れ歯に慣れることに専念してもらいました。
その後、入れ歯を何度か調整をして、徐々に使えるようになってきたので、いよいよグラグラの歯の治療に取りかかりました。

グラグラの歯でも根だけにすると落ちつく歯もあるので、患者さんと相談の結果、そういった歯はマグネットにすることにしました。
そして、それ以外の歯は、プラスチックの蓋をして歯を残していくことにしました。

完成した入れ歯は、上顎が金属の精密入れ歯、下顎がバネのない審美入れ歯です。
患者さんには、「食事もとれるようになったし、人前で大きなお口をあけて笑えるようになった」と大満足していただきました。

 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。